レーシックの紹介制度を採用しているクリニック

レーシックの紹介制度を採用しているクリニック



レーシックの紹介制度を採用しているクリニックブログ:2016/05/02


ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
ミーは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、ミーは24時間に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たミーは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から妻にはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
ミーはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に24時間の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、24時間15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムで口をまぎらわしながら耐えた。

ひと月後には24時間5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

24時間5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、ミーはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたミーに、
それは喝を入れてくれた。
ついにミーは2ヶ月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいる娘夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

娘夫婦もタバコと縁を切ることができた。

レーシックの紹介制度を採用しているクリニック

レーシックの紹介制度を採用しているクリニック

★メニュー

最新老眼治療するならモノビジョンレーシック
レーシックをする時にはリスクを理解しておこう
レーシックによって矯正された視力の維持は保証出来ない
クリニックまでの交通費を補助してくれることも
レーシックの紹介制度を採用しているクリニック
レーシック口コミサイトを参考にしましょう
レーシックで乱視の治療も出来る
手術後の保証制度の有無を確認しよう
レーシック手術を受ける前に行われる適性検査
よくあるドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人生が変わる!ハッピーライフのレーシック手術