レーシック手術を受ける前に行われる適性検査

レーシック手術を受ける前に行われる適性検査


レーシック手術を受ける前に行われる適性検査
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。




レーシック手術を受ける前に行われる適性検査ブログ:2018/10/19

「シェイプアップでガマンは禁物!」
この言葉は、今やシェイプアップの常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、ボク自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
長期的にシェイプアップを続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい体になったり、
過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
みなさん、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた体や心に鞭打つようなシェイプアップでは
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕方食後のお菓子をガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「お菓子を食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
チョコを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
シェイプアップのちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスにシェイプアップを進めてみてはどうでしょう?

明日はいい日かな~
レーシック手術を受ける前に行われる適性検査

レーシック手術を受ける前に行われる適性検査

★メニュー

最新老眼治療するならモノビジョンレーシック
レーシックをする時にはリスクを理解しておこう
レーシックによって矯正された視力の維持は保証出来ない
クリニックまでの交通費を補助してくれることも
レーシックの紹介制度を採用しているクリニック
レーシック口コミサイトを参考にしましょう
レーシックで乱視の治療も出来る
手術後の保証制度の有無を確認しよう
レーシック手術を受ける前に行われる適性検査
よくあるドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人生が変わる!ハッピーライフのレーシック手術