レーシックをする時にはリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。



レーシックをする時にはリスクを理解しておこうブログ:2018/08/13

母が子供に対する
過保護や過干渉をなくすためには、
子供を3人以上産むことが望ましい。

母が子供を3人以上産めば、
母の方が育児に対して肩の力が抜け落ちて、
子供に必要な保護や干渉しかしなくなる。

子供が1人や2人では、
どうしても母は子供に過保護や過干渉を繰り返すので、
子供の方が悲惨な目に遭ってしまう。

通常、母は最初の赤ちゃんを産んで
3年以内に次の赤ちゃんを欲しくなり出す…

育児を楽しんでいれば、
「もう一人赤ちゃんが欲しい!」というのは
母として健康的な反応である。

それなのにそう思わないとなれば、
母の心が歪んでおり、
母としてきちんと成長していないのである。

また、
子供が2人いるのと、子供が3人いるのとでは、
天と地ほどに違う。

3人目の子供になると、
母は3回も妊娠し出産したので、
妊娠や出産をきちんとできるようになり、
しかも生まれてきた赤ちゃんにも、
もう失敗することなく的確に育てることができるようになる。

しかも子供を3人以上産むと、
主人が育児を手伝うようになり、
そのことが家内にとって感動をもたらすことになる。

子供が2人までなら、
家内が育児の全てを行うのは当然であって、
子供が3人以上できたなら、
もう妻の手では処理しきれないから、
主人は育児に手を出し始める。

この現象が起きると、
夫婦の絆はより一層大きくなり強くなるのだ。

現実問題として、子供が3人もいれば、
母は子供に対して、
過保護や過干渉を行うことなどできない。

子供ができることに関しては
子供に任してしまい、
子供に処理させるしかなくなるのだ。