レーシックをする時にはリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。



レーシックをする時にはリスクを理解しておこうブログ:2018/12/03

どうも〜♪

今日は大切な日なんです♪


最近、パパさんの知り合いにもらった子犬が来て1か月。

想像以上のやんちゃぶりにも慣れてきました。

夜とか時間関係なしに寂しいと鳴くし、人間の赤ちゃんが
3時間ごとに世話をするというのはオレにはとても無理!って
カンジがした。

夜とか決められてない、赤ちゃんタイムな訳で・・・
子育てをするみなさん、本当にご苦労様です。

犬はあっという間だけど、人間の赤ちゃんは歩くまで1年だもんねー。


このベビーが家に来て、ウォークフリーをしていると・・・
なぜか吠える。

一緒に楽しんでいるのか警戒しているのか。

背筋をしていても「あそべー!!」ってカンジだし、
ダイエット紅茶やダイエットゼリー マスカット味なんて、
すごーい視線を感じるのさ。

でも、最近はダイエット紅茶を飲むと散歩に連れてって
もらえると思ってるみたいで、そわそわしはじめて、喜んでる。

犬って凄いねー。

外を怖がったのは最初のうちだけで、すぐに楽しいことって覚えたし。

散歩のおかげで6`痩せるかも〜と脇腹を気にして
運動はしているけどね。

曇りのち晴れとか天気もわかるみたいで、雨だと大人しくしているし。


7日から親がバヌアツ旅行に行くって言いだして・・・
さすがに初の留守番は不安だけどねー。

帰って、部屋がぐちゃぐちゃにならないように、ハウスのしつけは
頑張ったみたいだけど。

どうなるやら・・・


じゃんじゃん