レーシックをする時にはリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。



レーシックをする時にはリスクを理解しておこうブログ:2019/01/15

ダイエットを行っているときに、
最も注意すべきなのは、リバウンド。

リバウンドというのは、
ダイエットによるご飯制限や適度な運動をやめてしまった瞬間、
体重が再び増え続け、
最終的にはダイエットをする前の段階よりも
体重が増えてしまうこと…

このリバウンドが起きる原因として、
レプチンという物質が関係しているのではないかと言われています。

レプチンというのは、
わしたちがご飯で脂肪を吸収した時に分泌されるんですって。

実はレプチンというのは、
どのくらいからだの中に脂肪が吸収されたかによって、
分泌される量が違ってくるといいます。

脂肪の量と分泌されるレプチンの量とは、
比例関係にあるんですね。

レプチンが分泌されてくると、
からだは満腹感を感じるようになってきます。

そして最終的に、腹が満足したと感じるポイントがあります。
このときのレプチンの量のことを「セットポイント」と呼ぶそうです。

ダイエット中は、
脂肪が多く含まれているご飯をしないように心がけますよね。

すると、
分泌されるレプチンの量も少なくなってしまいます。

なので、どうしてもご飯によって、
満足感を得ることができなくなってしまいます。

この時期を我慢することができなくなってしまうと、
ダイエットに挫折をしてしまうというわけです。

ダイエットに我慢はつきもの…

今まで自由に食べていたご飯を減らすことは
場合によってはストレスに感じることもあるかもしれません。

しかし、ダイエットを成功させるためには、
ある程度の我慢はどうしても必要になってくるのです。