レーシックの紹介制度を採用しているクリニック

レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
商品券などを受け取ることが出来るメリットのほか、紹介された人も割安価格でレーシックを受けることが出来るようになります。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
双方が得をするシステムなので積極的に利用をされると良いでしょう。

 

最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかしまだ実施しているクリニックはあるので比較サイトなどで探してみてください。

オフィス移転、今すぐアクセス
http://www.zeroin.co.jp/
オフィス移転、今すぐ



レーシックの紹介制度を採用しているクリニックブログ:2018/11/15

酵素はからだの中でも作られますが、
からだの中で作られる酵素の量には限界があります。

なので、
食べ物から酵素をとることが大切なのですが…

酵素は熱に弱く、
加熱した食べ物には、酵素は存在しません。

そこで酵素を効果的にとるには、生のものを食べるしかありません。
生野菜、果物、お刺身などがいいのですが、
中でもオススメなのは果物。

果物には、酵素がたっぷり含まれています。
パイナップルやパパイヤがお肉を柔らかくするのも、
酵素のパワーなんです。

中でも酵素の多い果物は、
パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイです!

ただし、
酵素を効果的にとるためには、
果物は、食事の後ではなく
食事の前に食べることが大切です。

普通の食事は、2時間から4時間かけて胃から腸へと届きますが、
果物はたったの半時間で腸に届くそうです。
なぜなら、果物にはたっぷりの酵素が含まれているからです。

そして腸に届いた酵素は本領を発揮して
ウエストの中をキレイにしたり、
後からくる食べ物をしっかり分解吸収してくれます。

でも、食事の後に果物を食べてしまうと、
前を行くごはんやおかずにジャマされて、胃で立ち往生…
「早く腸に行かせてよ〜」とじだんだを踏む果物を胃酸が襲う…

…というわけで、
果物は、食事の30分前か
食事と食事の間に食べるようにしましょう。

酵素の働きは
「食べ物の消化」と「新陳代謝」ですが、
その中でも、特に「解毒」に大量の酵素 が使われます。

なので、
外食の多い方
ファストフードが好きな方
むくみやすい方…は、
ぜひ、食事の前やウエストが減っている時に
果物を食べて、
効果的に酵素を補充することをオススメします!