レーシック手術を受ける前に行われる適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

藤丸敏は
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/profile/yc91001073.htm
藤丸敏



レーシック手術を受ける前に行われる適性検査ブログ:2019/05/21

昨日、実家の家族全員でスキーに出かけた。

祖母からはじまって、パパとママ、
おとうと夫婦と子ども、妹夫婦と子ども、
そしてオレたち夫婦とムスメ。
総勢、14人の大旅行。

場所は、パパの実家がある福井県の山の中。
小さい頃は、夏休みなどによくパパの実家に家族で遊びに行った。

近年は全く行っていなかったから、
前にいつ訪れたか記憶にない。
恐らく、十年以上は経っているだろう。

雪に覆われた山道を、パパの運転で進む。
昔もずっとパパが運転してくれた道だ。
昔と違うのは、10人乗りの大きな車に家族が大騒ぎで乗っていること。

それは、人数が増えただけにとどまらない、
本当に大きな変化を感じるひとときだった。

思い返せば、その始まりは一昨年の夏にあった。
ママが、一族みんなで旅行に行くと言い出したのだ。

最も忙しいオレの予定を聞くのもそこそこに、
ママはおとうとと着々と計画を進めて、
その夏は、はじめて14人での大旅行が決行された。

その時は、まだ何かしらぎこちなかったところもあった気がする。
でも、それはとても楽しい旅行だった。
今思えば、家族の土壌が固まってきた証だったと
オレは思う。

昨年の夏は、予定通り、大家族旅行が、
まるで何年も行なってきた恒例行事のように行なわれた。

そして、クリスマスには、何の計画もなかったのに、
急にクリスマス会をやろうと声がかかり、また集まった。

スキーの話は、その時にでた話だったが、
ママから予約をしたから予定を空けておくようにとの連絡が入ったのは、
年が明ける前だった。